スポンサーリンク

5回目の命日

シェアする

no_image

今日9月13日は、父の命日。
早いもので他界してから、もう5年が経ちます。
ですが、未だに後悔の念が耐えません...
父は、娘が生まれた約7ヶ月後に亡くなったのですが、生前、娘に会わせるために実家を訪れたものの、目の前で娘を観てもらっただけで、触らせるどころか抱いてもらうことさえしなかったことを今でも後悔しています。
何故、抱かせようとしなかったのか?普通ならば、抱いてもらいその姿を写真に納めたりするのが当たり前なのですが...
足が悪かったにも関わらず、身の回りの世話もあまりしてやれませんでした。

悔やんでも亡くなった後では既に遅いのですが、「後悔先に立たず」のことわざが身に染みます。