スポンサーリンク

Xperia mini pro(SK17)に『JellyVanilla EX 7.0』を入れてみた

シェアする

Screenshot_2014-09-18-20-24-32
Appleから最新の iPhone 6が発売され盛り上がっていますが、現在使用中の iPhone 5で現状満足しており、機種変をするつもりが全くない管理人です。

前回の投稿記事にて、Android 4.4 KitKat なカスタムROMをXperia mini proへ入れて運用していましたが、動作的には殆ど問題もなく個人的にはお気に入りなROMだったのですが...バッテリーが全くもたなくて、朝100%の状態で会社へ出社し、その通勤途中でTwitterとニュースを30分ほど閲覧したあと、昼休みに残量を確認してみると約40%くらいまで減っていた。
仕事が終わって、再度確認してみると何とバッテリー切れで起動せず...
もはや1日も持たない状態で残念な結果となりました。やはり、OCなカーネルではダメでした。

そこでまた、XDAのmini proスレを数日徘徊していたら、『JellyVanilla EX』がバージョン6.1から7.0へアップグレードされていたので、藁にも縋る思いで入れてみました。

このROMは、前回のKitKatなROMとは異なり、Jelly BeanなROMです。ですが、このROMも例に漏れずBootLoader Unlockが必須となります。
XDAのサイトからのリンクよりROM本体および各機種用のデバイスファイル、カーネルをダウンロード。
いつもの手順でボリュームUPを押しながら、USBを接続してカーネルを焼いてからROMをCWMやTWRPでインストール。

何時もなんですが、私はカスタムROMをさらに自分用にカスタムしたZIPを作成し、インストールしています。
今回も、ES FileExplorerやLink2SD、AdAwayなどを/system/app に入れ、その他にも日本語フォント*1 とfallback_fonts.xml、build.prop、hw_config.shを編集したものとpm8xxx-keypad.kcmを差し替えています。

*1 モトヤLマルベリ3等幅(MTLmr3m.ttf)が同梱済みですが、ファイル名を変更して再同梱しています。その為、fallback_fonts.xmlを編集しています。

また、日本語入力はもっぱらPOBox Touchを使っているので、v6.3をこちらのサイトから頂いたものを導入。問題なく使用できております。

以下スクリーンショットです。
メニューも殆どが日本語化されています。

Screenshot_2014-09-18-22-29-44 Screenshot_2014-09-18-22-30-09
導入済みアプリも少なめ。
Screenshot_2014-09-18-22-30-49
Screenshot_2014-09-18-22-30-28 Screenshot_2014-09-18-22-30-38
設定メニュー
Screenshot_2014-09-18-22-31-12 Screenshot_2014-09-18-22-31-23
Screenshot_2014-09-18-22-31-47 Screenshot_2014-09-18-22-31-57
ROM情報
Screenshot_2014-09-18-23-03-08 Screenshot_2014-09-18-23-03-20
お決まり
Screenshot_2014-09-18-23-04-54 Screenshot_2014-09-18-23-04-09
ROMサイズは少ない方かな?
Screenshot_2014-09-18-23-12-56
POBox Touch 6.3
Screenshot_2014-09-18-23-12-13

現在は、このROMで運用中です。
1日使ってみましたが、バッテリーもそこそこ持ってくれてUIもXperia Z2 & Z3なので、結構お気に入りです。もちろん、動作もちょうど良い感じです(私的には)。
Xperia ray用も、もうしばらくしたらリリースされるようなので楽しみです。