スポンサーリンク

懐かしいNokia NM705iで運用開始

シェアする

DSC_0086
現在契約中のdocomo回線で、メイン回線としているXperia Z1 f (SO-02F)の料金プランは、新料金プランになる前の『タイプXi にねん』でパケット定額サービスが『Xiパケ・ホーダイ ダブル』です。
また、このパケット定額サービスは、最低定額料こそ2,000円とお安いのですが、ちょこっとネットを使っただけでも直ぐに上限額の6,200円になってしまうという安心できないサービスなのです。
しかし、この『Xiパケ・ホーダイ ダブル』は、2014年1月31日をもって新規受付終了となってしまったため、現在では貴重なサービスとなってしまい、それほど使用しなければキャリアの料金としては安く済みます。

ですが、直ぐに上限額になってしまうのでXperia Z1 fでは使用しおらず、寝かせていました。
ただ寝かせておいても2,000円は取られていて勿体ないので、電話とメール用に使うことにしました。

とはいっても、スマートフォンで使うことはできないのでガラケーか?とも思ったのですが、ガラケーは持っていないので、ここはお気に入りのNokia端末で運用することに決めました。
そこで候補に挙がったのが「NM705i」です。

この端末、買っていたものの一度も使用していないという何ともかわいそうな扱い(?)を受けており、ようやく出番が来た感じです。
まだdocomoのサイトにも情報が残っていました。

◆FOMA NM705i サポート情報

ただ、このNM705iは、「Xi & LTE & spモード」ではなく「FOMA & 3G & iモード」な接続サービスなのです。
しかしながら、現在契約中のプロバイダ(ISP)としては、『spモード(iモード契約可)』であり、幸いなことにiモードの契約が可能なのでした。

spmode
早速、iモードを契約。

imode
ちなみにspモードとiモードを同時に契約した場合は「ISPセット割」が適用され、月額使用料より150円割引されます。
詳しくは、「ISPセット割」を参照してください。

micro SIMをお気に入りで使用しているJAPAEMOのSIM変換アダプターにセットし、NM705iに差し込み電源オン。
久しぶりに見るNokiaロゴと起動画面が、懐かしい。

DSC_0087
DSC_0088
待ち受け画面も懐かしい(既にテーマとか変更してますが…)。

DSC_0089
一応、通話ができるかを確認します。通話に関する設定は、特にする必要もなくそのままで繫ぐことができます。
メールについても特別な設定は不要ですが、ドコモメール(spモードメール)とは別にiモード契約した際にiモード用のメールアドレスが割り当てられるので、初期設定されたアドレスを変更する必要があります。
アドレスの変更のみ、携帯から操作しなければなりません。面倒です。
ここの「iモードからの設定」手順に従って変更していきます。

これで自分のiモードメールアドレスで使用できる状態となりました。
※NM705iは、spモードに対応していないため、ドコモメール(spモードメール)は使用できません。

次は、SIMフリーの日本語版Nokia E61に挑戦してみようかな。