スポンサーリンク

MiFi 2352でMVNO SIMを使う

シェアする

DSC_0086
2009年12月に電脳中心買物隊*1 より、当時31,500円にて購入した「MiFi 2352 香港版」のモバイルWiFiルーター。

しかも、この「MiFi 2352」は、2Gおよび3Gに対応し、SIMフリーで使えることで人気商品でした。

昨今では、WiFiモバイルルーターは一般的に普及し、LTEでの高速通信、かつ、SIMフリー化も可能となっていますが、当時はまだ使っている人も少なかったように思います。

そんな私も現在は、LGエレクトロニクス製のモバイルWiFiルーター「L-04D」にIIJmioのSIMを挿して使っています。
そこでしばらく使っていなかったこのMiFi 2352でもIIJmioのSIMが使えるように設定をしてみました。

そもそもは、ブログの巡回先としている「言い捨ての小部屋」さんにて投稿された記事が、切っ掛けとなったのでした。
もうとっくに使えなくなっていた?MiFi2352

早速、MiFiの設定をしようと思いましたが、当時設定したネットワークセキュリティのパスワードが思い出せず、接続ができなかったので
ハードリセットも考えましたが、ここではFWの更新をしました。
現在のFWは、5.26.2の最新でしたが、5.21へダウングレードしました。

Windows 7 Proの環境にてMiFiをUSB接続するとドライバおよびMobiLink 3のインストーラーが起動します。
特に問題もなくインストールは完了。
続けて、ファームウェア「20418536_MUU_MiFi2352_5.21_EMEAGeneric_pkg.exe」を起動し、ファームウェアを更新します。
更新には約20分くらい掛かった気がします。
※IIJmioのSIMは、挿さった状態でも問題ありませんでした。

mifi2352_fmup01
mifi2352_fmup02

無事にファームウェアの更新が終わったら、PCとのUSB接続を外し、MiFiを再起動。
WiFiのLEDが点灯していることを確認し、端末からMiFiへ接続します。
「設定」→「Wi-Fi」→「ネットワークを選択」から「MiFi_2352」を選択。

作業は、iPhone 3GSにて行いました。(iPhone 5は壊してしまったので・・・)
1.WiFi接続後、Safariを起動し、URLに「192.168.1.1」を入力し、アクセス。
2.MiFiの設定ページが、表示されたら管理者パスワードに「admin (初期設定時)」にてログイン。
3.Internetメニューから「Profile」を選択。
4.現在のProfile 1を編集し、IIJmioのAPNを設定します。
IIJmio APNの設定情報

IMG_0128

5.Profile Name、APN、Username、Password、Autentication Typeを設定し「Apply」をタップ。
これで「IIJmio」の接続設定が完了。
6.「Home」メニューをクリックすると「Connect」または「Disconnect」ボタンが表示されているはずなので、
「Connect」をクリックすると「Disconnect」に表示が切り替わります。

IMG_0130

これでインターネットへのアクセスが可能となります。
あとは、MiFiにWiFi経由で接続すればOKです。

*1 電脳中心買物隊 in 香港 サービスリニューアルに伴い、新サイト MATENRO-HK へ引き継がれるることになるようです。