スポンサーリンク

iPhone SEを購入

シェアする

iPhoneSE

 iPhone SEについて

次期主力機となる「iPhone 7」の発表が噂される中、突如として発表された「iPhone SE」。
その姿は、2世代前の「5s」と同じ4インチ画面で端末サイズも全く一緒。しかし、外見は同じでも中身は「6s/6s Plus」と同じ64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ、M9モーションコプロセッサーを搭載するハイスペック仕様となってます。
また、価格も「6s」より値下げされ、入手しやすい価格帯に設定されています。
[Apple Store価格] 16GB:52,800円
64GB:64,800円

詳細な製品仕様は、以下で確認してください。
http://www.apple.com/jp/iphone-se/specs/

 購入までの経緯

事の発端は、2年使い続けたiPhone 5のバッテリー消耗が目に余るようになり、自分でバッテリー交換しようと思ってしまったのが運の尽きだった。
バッテリー交換自体はうまくできたけど、本体と液晶画面を繋ぐケーブルが正しく接続できてなく、基盤のどこかをショートさせてしまったようで、電源&スリープボタンとホームボタンが効かなくなってしまい、スリープから復帰させる際には充電ケーブルを挿さないとならなくなり、面倒になったためで、暫く使っていなかったiPhone 3GSを引っ張り出して、docomo回線*1で運用していたが、何をやるにも動作が遅過ぎて、ストレスとなっていた。

*1 このiPhone 3GSはソフトバンク契約で、「OLD ROM」と言われるファームウェアのダウングレード/アップグレードが自由にできるものだったので、Redsn0wで脱獄し、Ultrasn0wでソフト的なSIMフリー化が可能。

 迷わずSIMフリー版

今回の購入は、Apple StoreからSIMフリー版を購入。既にキャリアとの契約もしておらず、OCNのMVNOだったので改めて契約する必要もなく、また、月々サポートで端末代は安くなっても基本料金とデータ定額を2年払い続けるのと殆ど変わらないという結論に至った。
Apple01

 ADSC支店ってなに?

注文から間もなくして、中国の深センから発送されているのだが、「ADSC支店」という聞いたこともない支店に送られている。
どこに行っちゃうの?と思いながらも調べてみると「Apple Delivery Support Center」の略称のようで、国内のApple Storeで購入した商品には、海外から発送される物もあるため、一度この「ADSC支店」に集められ、新たに国内の発送先へ再出荷されるとのこと。
ちなみに場所は有明らしい。
Apple02

 無事に到着

小さい箱で届きました。
DSC_0081

 開封

と言ってもiPhone 5/5c/5sと殆ど変わらないので、特に説明は不要でしょう(^^ゞ
DSC_0084
DSC_0085
DSC_0086
DSC_0088

 iPhone 5との比較

本当は5sとの比較が良かったのでしょうが、敢えてiPhone 5で比較してみました。
DSC_0089
DSC_0095
DSC_0091
DSC_0093
DSC_0092
DSC_0094

 保護フィルムとケース

iPhone SEの強みは、やはりiPhone 5/5c/5s用のものがそのまま使えることでしょう!しかし、iPhone 5/5c用の裏面用保護フィルムに関しては、フラッシュライト位置が、5sとは異なるので、気を付けた方がいいです。
気にならないのであれば、問題ありませんが...
今回、表面の強化ガラス液晶保護フィルムに「Farfalla」を、ケースに「JETech 衝撃吸収バンパー アンチスクラッチ クリア」を購入。

DSC_0082

DSC_0083

裏面用保護フィルムは、まだ未購入ですが、Vis-a-Vis(ビサビ)の「OverLay Protector for iPhone SE / 5s(高光沢タイプ)」を予定。

ひとまず。