スポンサーリンク

Raspberry Pi 2にCentOS 7をインストール(2)

シェアする

前回の記事『Raspberry Pi 2にCentOS 7をインストール』を書いてから既に1年と3ヶ月も経ってしまいました…
その間、何もしないまま放置状態でしたが、これではいかんという事で、最低でもDNSサーバーとして運用しておこうと再び設定し直しました。
前回のインストールでは、「CentOS 7(1511)」を使用していましたが、現在は「CentOS 7(1611)」が最新版なのでこちらを使用します。

必要なものなどは、前回の記事を参照していただくとして、build 1611で上手くいかなかった手順のみを記載しています。

 パーティションサイズの変更

microSDに書き込まれたイメージは、本来のサイズを最大限使用しているわけではないため、そのままの状態だと容量不足になってしまいます。

# df -h

Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root       2.0G  658M  1.2G  36% /
devtmpfs        459M     0  459M   0% /dev
tmpfs           463M     0  463M   0% /dev/shm
tmpfs           463M  6.2M  457M   2% /run
tmpfs           463M     0  463M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1  300M   64M  237M  22% /boot
tmpfs            93M     0   93M   0% /run/user/0

build 1511では、下記のコマンドで問題なくパーティションのサイズを変更できたのですが、build 1611ではサイズが変更されませんでしたので、fdiskコマンドにて変更します。
<build 1511>

# touch /.rootfs-repartition
# reboot

以下の手順でパーティションのサイズを変更し、本来の容量に戻します。
※先頭が#になっていない箇所は、fdisk内での選択肢です。
<build 1611>

# fdisk /dev/mmcblk0
p
d
3
n
p
3
enter
enter
p
w

ここでディスクへ書き込みを行い、再起動します。

# reboot
# resize2fs /dev/mmcblk0p3
# df -h

ここで再び再起動し、ログインしたときには正しい容量に変わっています。

# reboot

Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root        14G  660M   13G   5% /
devtmpfs        459M     0  459M   0% /dev
tmpfs           463M     0  463M   0% /dev/shm
tmpfs           463M  6.2M  457M   2% /run
tmpfs           463M     0  463M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1  300M   64M  237M  22% /boot
tmpfs            93M     0   93M   0% /run/user/0

 Firmwareをダウンロード

最新ファームウェアのダウンロードするための準備。

$ yum -y install git
$ git clone https://github.com/RPi-Distro/firmware-nonfree.git
$ mv /lib/firmware/brcm{,.org}
$ cp -R firmware-nonfree/brcm80211/brcm /lib/firmware/brcm

rpi-updateをダウンロードおよびアップデートを実行します。

$ curl -L --output /usr/bin/rpi-update https://raw.githubusercontent.com/Hexxeh/rpi-update/master/rpi-update
$ chmod +x /usr/bin/rpi-update
$ rpi-update
$ reboot

 無線LAN(Wifi)接続設定

無線LANには、BUFFALO製「WLI-UC-GN」を使用します。結構古めです。
CentOSを起動した状態のままUSBに接続し、以下のコマンドを入力します。

# nmcli d
デバイス  タイプ    状態      接続
eth0      ethernet  接続済み  eth0
wlan0     wifi      切断済み  --
lo        loopback  管理無し  --

まだ設定していなので、「切断済み」となっています。
無線LANのアクセスポイントを検索します。

# nmcli d wifi
*  SSID                モード    CHAN  レート     信号  バー  セキュリティ
   00**79**93**        インフラ  3     54 Mbit/s  72    ???_  WPA1 WPA2
   CG-Guest            インフラ  3     54 Mbit/s  69    ???_  WEP
   14******951E        インフラ  2     54 Mbit/s  45    ??__  WPA1 WPA2
   002******794        インフラ  5     54 Mbit/s  45    ??__  WEP
   HUMAX-*****         インフラ  11    54 Mbit/s  45    ??__  WPA1 WPA2
   *******A3CB1        インフラ  1     54 Mbit/s  42    ??__  WPA1 WPA2
   106F3F*****8        インフラ  6     54 Mbit/s  35    ??__  WPA1 WPA2
   Buffalo-*-****      インフラ  8     54 Mbit/s  25    ?___  WPA1 WPA2

ご自宅で使用している無線LANのSSIDとキーフレーズを設定します。
<your_ssid>には、SSIDを
<your_keyphrase>には、パスワードをセットしてます。

# nmcli d wifi connect <your_ssid> password <your_keyphrase>
デバイス 'wlan0' が '********-*********-****-******744652' で正常にアクティベートされました。

再度、接続状態を確認し「接続済み」となっていれば成功です。

# nmcli d
デバイス  タイプ    状態      接続
eth0      ethernet  接続済み  eth0
wlan0     wifi      接続済み  00**79**93**
lo        loopback  管理無し  --

以下のコマンドで無線LANの情報を確認します。

# nmcli d show wlan0

 EPELリポジトリ設定

armv7hlに対応するEPELレポジトリを追加します。

# vi /etc/yum.repos.d/epel-pass-1.repo
[epel-armhfp]
name=epel rebuild for armhfp
baseurl=http://armv7.dev.centos.org/repodir/epel-pass-1/
enabled=1
gpgcheck=0

EPELリポジトリを更新します。

# yum -y update

以上で、設定が完了となります。

EPELでは、TripwireやClamAV関連のパッケージは、問題なくインストールできましたが、chkrootkitはダメでした。
また、それ以外のパッケージも確認していません。
ひとまず。