Android版Microsoft Outlookで「mineo.jp」メールを設定(2019年8月版)

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ケイ・オプティコム社が提供しているMVNOサービスの「mineo(マイネオ)」を契約すると無料で提供されるメールアカウント「mineo.jp」を Android版Microsoft Outlook で使用するための設定を備忘録として書いておきます。

前回2016年2月の投稿から、実に3年が経過して、機能も操作も使いやすくなった「Android版Microsoft Outlook」をインストールしました。

ケイ・オプティコム社が提供しているMVNOサービスの「mineo(マイネオ)」を契約すると無料で提供されるメールアカウント「mine...

2019年8月時点の最新版 3.0.131 では、設定も簡単になっていました。
Microsoft OutlookMicrosoft OutlookGoogle Play で手に入れよう

 設定

1.Android版Microsoft Outlookを起動し、「始める」をタップします。

2.次に「アカウントの追加」で取得しているメールアドレスを入力します。
 入力内容を確認し、「続行」をタップします。
 ※画像で”アカウント名”となっている箇所を取得しているアカウントに置き換えてください。

3.受信方法を「IMAP」か「POP3」のどちらにするかを選択します。

 ・POP3を設定する場合
  「POP3に接続」の画面でメースアドレスとOutlookでの表示名を入力します。
  ※説明は、任意で入力してください。

  ホスト名は、設定済みのため、そのままで問題ありません。
  POP3とSMTPのユーザー名(アカウント名@mineo.jp)とメールのパスワードを入力してください。

  POP3のホスト名をSSL対応にする場合は、以下のように変更してください。
   pops.mineo.jp:995


 ・IMAPを設定する場合
  「IMAPに接続」の画面では、メースアドレスとメールのパスワード、Outlookでの表示名を入力します。
  ※説明は、任意で入力してください。

  上記の入力後、下の「詳細設定」をオンにします。
  すると、IMAPの受信サーバーとSMTP送信サーバーの入力項目が表示されます。
  ホスト名は、設定済みのため、そのままで問題ありません。
  IMAPとSMTPのユーザー名(アカウント名@mineo.jp)とメールのパスワードを入力してください。

 上部のチェックマークをタップすると、アカウントが追加されます。

4.別のアカウントを追加する場合は、「続行」をタップします。
 追加しない場合は、「スキップ」をタップします。

5.別のアカウントの追加は、手順2から繰り返します。
 このとき、メールのタイプの画面が表示されますので、該当するタイプを選択してください。

6.メールの説明を見る場合は、「→」をタップします。
 見なければ、「スキップ」をタップします。

7.追加したアカウントの受信メール画面が表示されます。
 メールを送信するには、青丸にペンのアイコンをタップするとメール作成画面になります。

 送信サーバーの設定に問題が無ければ、メールを送信できるはずです。

以上で、設定は完了です。
受信および送信サーバーの設定が自動になったことで、楽ですね。

因みに私は、メインのメールクライアントに「BlackBerry Hub+」を使用しています。
こちらは、名前からも判るようにBrackBerryの標準メールクライアントです。
ですが、他のAndroidスマホでもインストールが可能なので、興味がある方はお試しください。
ただし、無料で使用する場合は、広告が表示されますが、機能制限は無かったと思います。
インストールは、以下の「BlackBerry Hub+サービス」と「BlackBerry Hub+受信トレイ」の2つが必要です。

BlackBerry Hub+受信トレイBlackBerry Hub+受信トレイGoogle Play で手に入れよう
BlackBerry Hub+サービス BlackBerry Hub+サービスGoogle Play で手に入れよう